う、動かない!?カンボジアでパソコンが故障したときの対処法と備え

カンボジア移住後最大の危機!Macが動かない!?

カンボジア移住後最大の危機!Macが動かない!?

うりりんです。


前回のブログからだいぶ日にちが経ってしまいました。
現在新サービスを仕込中でかかりきりでなかなか筆をとることができず……。


2015年。
年明け早々不吉なことが。


Macが動かない……。




パソコンは制作業の生命線。


動かないMacを前にぼくもフリーズ。






制作データはバックアップを取っているから大丈夫。




新しいMacを買うお金は、まだない……。




となると、反応がイマイチなシャープのタブレットで作業するってこと??




最近落としたりぶつけたりはしていないし、思い当たる原因はない……。
まさか、悪路を進むときの振動??




状況を整理しなければと、いろいろなことがかけめぐる。






年末、
たしかに前兆はありました。


極端に駆動時間が短くなり、一時間も経たずに電池が切れてしまうように。




その時は、3年近くも使っているからしょうがないかなと思っていました。


が、そこで収まらず動かなくなってしまう。




もう冷や汗たらたら。。




カンボジア移住後最大の危機!

一縷の望みをかけ、修理店へ!

一縷の望みをかけ、修理店へ!

一縷の望みをかけ、
教えてもらった修理店「Future World」へMacを持ち込む。

※Future Worldは、シェムリアップで2店舗しかない認定販売店のひとつ



ログイン画面まではいくんだけどそこでプツンと切れてしまうの、と症状を伝える。


症状を確認し、外付けHDDからぼくのMacの起動を試みるスタッフさん。

症状を確認し、外付けHDDからぼくのMacの起動を試みるスタッフさん

「OSがおかしいみたいです。再インストールすれ大丈夫でしょう。今日は閉店まで時間がないので、月曜日にまた来てください」





心の底からほっとした。



まだ、やれる。




二晩待って月曜日、もう一度Future Worldへ。




データのバックアップ: 10USD
OSの再インストール: 15USD

合計25USD。




鬼安。ぐぐって日本の相場を調べてみたら……。




電話番号を渡し、
作業終了の連絡を待つ。

電話番号を渡し、作業終了の連絡を待つ



待つ。




待つ。

帰ってきたMac。ん?アレがないよ!

帰ってきたMac。ん?アレがないよ!

トゥルルルル


Future Worldさんから作業終了を告げる電話が。




三度FutureWorldへ。




その場で電源ボタンを押す。




エンター




ログイン成功。涙




代金を支払い、自宅へ。




滞っていた作業を急ピッチで進めようと思い、
早速バックアップデータの移行に取りかかる。






MAMPを立ち上げてWEB制作の続きを……ん?




MAMPがない??
(WEB制作時に使っているアプリです)




イラレもフォトショもない???




というか、アプリが何もない??






元々バックアップを取っていたクライアントワークのデータはのみ。






つまり、


制作環境を一から作り直すことに。。






Macが動かないままという最悪の事態を考えれば、
今の状況は天国。




と捉えて黙々とアプリを入れなおす。




何とか元の環境に戻せた!




と思ったら今度は充電器が断線。




今年は波乱の一年になりそうです。。

まとめ。カンボジアでMacが故障したときの対処法と万が一のときへの備え

まとめ。カンボジアでMacが故障したときの対処法と万が一のときへの備え

対処法:
・すぐにFuture Worldへ行こう
・その際、相場を調べておいて、料金に当りをつけておこう


お値段:
・データのバックアップなら、10USD
・OSの再インストールは、15USD


万が一のときに備えて:
・バックアップはきちんと取っておこう
・修理できなかったときのために、買い替えられるだけのお金は用意してからカンボジアに移住しよう
・売上がでなくても生きていけるように、数ヶ月分の蓄えを持って移住しよう






最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

うりりん



次回予告

小切手童貞卒業。カンボジアで小切手を換金する方法
カンボジアでは現金でやりとりすることが多いのですが、小切手で代金をいただく機会があり、
つい先日始めて小切手を換金してきました。

3月31日公開予定です。