ダナンにオフショア開発の拠点を作る|井原さん

ダナンにオフショア開発の拠点を作る|井原さん

海外で働く方の生の声、お届けします

みなさん、こんにちは。

世界一周中のうりりんです。
旅先で様々なご縁から現地で働かれている方とお話する機会があります。


「伺ったお話をぼくの中だけに留めておくのはもったいない!」
「日本にいる同年代の人たちにも届けたい!」


と思い、海外で働く方の生の声をこのブログに掲載していきます。
お一人目は、ベトナム第三の都市ダナンの日系企業で働かれている井原さんです。



お仕事の内容について教えてください

ダナン*1にオフショア開発*2の拠点を作ろうとしています。
今までほんの一部しか任せていなかった内容を、大部分ベトナムで作業できるように現地の指導などを行っています。

*1 ベトナム中部にあるホーチミン、ハノイに次ぐ第三の都市
*2 コスト削減のため開発工程の一部を海外へ委託すること



なぜベトナム、ダナンを選択したのですか?

ベトナムはとても勤勉であること、東南アジア諸国の中で比較的環境が整っているということ。そしてホーチミン、ハノイと比べ賃金が安いためダナンを選択しました。ダナンは計画的に開発された都市であるのでとても環境が整っている良い街ですよ。



海外で働く上で大変なことはありますか?

コミュニケーションがうまくとれないことが一番大きいです。
例えばBではなくAにしてほしいときに、日本では「BじゃなくAだった」と言えばすみますが、こちらではそうはいきません。Bの中でもこの部分はAより良いというようなときはもう大変です笑。
何度も確認しなければならず、それによって時間が余計にかかってしまいます。文書に起こしてもらって初めてどの程度理解しているのかがわかるということも多々あります。



逆に海外で働いていておもしろいことは何ですか?

日本は人口が減少しているためパイが小さくなる一方ですが、ベトナムは拡大している段階です。同じことを行っているだけで事業は大きくなるため、どんどん挑戦することができる。そんな成長している、人もお金も入ってくる環境で仕事をするのはとてもおもしろいです。



日本人とベトナム人に何か違いはありますか?

日本人は仕様書に書いていないことは質問してきますが、ベトナム人は記載のない箇所は自分の裁量で決めてしまいます。最初に、書いていないことは必ず聞くようにと伝えましたが中々うまくいきません笑。
仕事以外の面では朝がとても早いこと、そして運動がガチな点です。大の大人がそこまで?という感じです笑。



海外で働くことについてどうお考えですか?

みんな海外へ出るんだ!という考えには疑問があります。ただ、矛盾しているかもしれませんが、有利不利でいうと海外で働くことは有利に働くと思います。



最後に

井原さんはなんとまだ24歳。
その若さでオフショア開発を担っていらっしゃる。


「大きな決断も自分でしなければならずプレッシャーは大きいけれど、この若さでこのような経験をさせてくれる会社、上司に出会えてよかった」と仰っていました。


リスクはありつつも若い人に挑戦させる、そんな文化のある会社で溢れるともっとわくわくした社会になる気がします。


【募集】
海外で働かれている方の情報を募集しています。お知り合いの方をぜひ紹介してください。よろしくお願いします!
uririn1209[at]gmail.com